DJI無償付帯賠償責任保険概要

OVERVIEW

DJI製品をご購入いただき、ありがとうございます。
DJI対象製品の購入特典として、第三者への賠償責任保険が1年間無償で付帯されます(対象製品の購入者全員が対象)。
ただし、補償の対象者を確定させるためにご登録が必要になります(登録手続きがない場合は補償が受けられません)。
日本国内において、対象のドローンの所有・使用・管理に起因して第三者に損害を与え、
法律上の賠償責任を負った場合に、その賠償金等を補償します。

FLOW

簡単3STEPで
まずはご登録ください

STEP1DJI対象製品をご購入

DJI製のドローンをご購入後、
すみやかにご登録ください。

STEP2本体のシリアルナンバーをご確認

本体のバッテリー付近にございます、
14桁の英数字のS/N(シリアルナンバー)をご準備ください。

 S/N(シリアルナンバー)とは

STEP3本ページよりご登録

登録完了日の翌日から保険が適用されます。
※登録内容に不備がなければ、約1週間ほどで被保険者証が届きます。

こんな時も安心

ACCIDENT

DJI無償付帯賠償責任保険に登録しておくことで、
操作ミスによる通行人の負傷事故(対人賠償)や、駐車中の他人の車への損傷(対物賠償)などに備えることができます。
詳しい補償内容はご利用の製品を下記の2タイプから選択し、ご確認ください。

ご利用の製品を選択してください

WHICH USER

DJI製品をご利用の方

DJI無償付帯賠償責任保険の対象機種一覧

・Phantom 3 シリーズ
Phantom 3 Standard、Phantom 3 Pro/Adv
・Phantom 4 シリーズ
Phantom 4、Phantom 4 Adv、Phantom 4 Pro/ProV2.0、Phantom 4 RTK
・Mavic シリーズ
Mavic Pro、Mavic Pro Platinum、Mavic Air、Mavic 2、Mavic 2 Enterprise、Mavic 2 Enterprise DUAL
・Spark
・INSPIRE 2
・その他産業用機
MATRICE 100、MATRICE 200 V2、MATRICE 210 V2、MATRICE 210RTK V2、AGRAS MG1
以上のDJI製品の国内正規品を送信機とセットで新品を購入した場合に登録可能です。

対象外

※Inspire 1, Matrice 600, Matrice 600 Pro, Matrice 200, Matrice 210, Matrice 210 RTK, Phantom 1, Phantom 2, DJIの海外品
その他自作機(フライトコントローラを搭載した機体)は、対象外になります。
また、中古品や機体のみで購入された場合、譲渡された機体、海外版のDJI製品についても対象外となります。
これらの場合で賠償責任保険への加入をご希望される場合は、こちらより、有償の賠償責任保険にお申込みください。
なお、海外版のDJI製品については、本保険制度にはご加入頂けませんのでご了承ください。

Telloをご利用の方

Tello無償付帯賠償責任保険の対象機種

Tello(テロー)

対象外

※Tello以外の機種は、対象外になります。
誠に恐縮ですが、1年無償の保険のご用意はないためこちらより有償の賠償責任保険をご登録ください。

事故事例

ACCIDENT CASE

対人賠償

対物賠償

対物賠償

管理財物損壊賠償

ご登録に必要なもの

CHECK NECESSARY THINGS

本体のバッテリー付近にございます、14桁の英数字のシリアルナンバーをご準備ください。

 S/N(シリアルナンバー)とは

詳細情報

MORE INFORMATION

標準プラン(施設所有(管理)者賠償責任保険)
補償の対象者
表現活動、事業活動などに利用される方
用途例

・法人、個人事業主で利用される方

・ご家族以外の第三者の為に操縦される方(報酬の有無は問いません)

・撮影した映像・写真をご家族以外に公開される方
(インターネットやその他の方法で、映像・写真を公開される方で、プロ、アマチュアは問いません)

対象となる製品
今回ご購入いただいた対象製品のみ(複数台ご購入の場合は全機種を登録ください。)
支払限度額
1事故につき 対人(身体障害)1億円/対物(財物損壊)5千万円まで
免責金額
1事故につき5万円
主な補償の種類

・損害賠償金

・損害防止費用

・争訟費用   等

補償対象外の主な場合
(下記、標準プランで保険金をお支払しない主な場合をご参照ください)
補償期間

登録手続日(※)の翌日午前0時から1年間

※登録に不備があった場合は、お電話等で確認が完了した日

補償事例

・操作ミスにより機体が落下し、通行人を負傷させてしまった

・着地操作を誤り機体が駐車していた車に接触し、破損させてしまった 等

標準プランで保険金をお支払いしない主な場合

※被保険者とは保険の契約により補償を受けられる方をいいます。

・被保険者の故意によって生じた損害賠償責任

・被保険者が所有、使用または管理する財物についての損害。ただし、被保険者が一時的に使用または管理する他人の財物については一部補償の対象となります。

・対象製品の修理、改造に起因する損害

・被保険者と生計を共にする同居の親族に対する損害賠償責任

・戦争、内乱、暴動、騒擾(じょう)、労働争議等に起因する損害賠償責任

・地震、噴火、洪水、津波などの天災に起因する損害賠償責任

・直接であると間接であるとを問わずテロ行為等によって発生した損害

・被保険者以外の方が受けた賠償責任

・被保険者の使用人が、被保険者の業務に従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任

・日本国外において生じた損害

・被保険者と第三者の間に損害賠償に関し特別の約定がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任

・その他三井住友海上火災保険株式会社の施設所有(管理)者賠償責任保険の保険金を支払わない場合に該当する場

限定利用プラン(団体生活総合保険)
補償の対象者
標準プランに該当しない方(法人、個人事業主の方は登録できません)
用途例

・撮影した映像

・写真を、ご本人・ご家族でのみで楽しまれる方

・撮影機器を利用せず、操縦を楽しまれる方

対象となる製品
今回ご購入いただいた対象製品のみ(複数台ご購入の場合は全機種を登録ください。)
支払限度額
1事故につき1億円まで(対人・対物合算)+交通死亡・後遺障害保険金100万円
免責金額
なし
主な補償の種類

・損害賠償金【示談代行サービス付】

・傷害死亡

・後遺障害保険金   等

補償対象外の主な場合
(下記、限定プランで保険金をお支払いしない主な場合をご参照ください)
補償期間

登録手続日(※)の翌日午前0時から1年間

※登録に不備があった場合は、お電話等で確認が完了した日

補償事例

・操作ミスにより機体が落下し、通行人を負傷させてしまった

・着地操作を誤り機体が駐車していた車に接触し、破損させてしまった 等

限定利用プランで保険金をお支払いしない主な場合

※被保険者とは保険の契約により補償を受けられる方をいいます

・被保険者の故意による損害

・被保険者の業務遂行に直接起因する損害賠償責任(仕事上の損害賠償責任)

・他人から借りたり預かったりした物を壊したことによる損害賠償責任

・被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任

・被保険者の使用人(家事使用人を除きます。)が業務従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任

・第三者との損害賠償に関する約定によって加重された損害賠償責任

・心神喪失に起因する損害賠償責任

・被保険者または被保険者の指図による暴行、殴打による損害賠償責任

・自動車等の車両(ゴルフ場敷地内におけるゴルフカートを除きます)、船舶、航空機、銃器、業務のために使用する動産または不動産の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任

・戦争、その他の変乱、暴動による損害

・地震もしくは噴火またはこれらを原因とする津波による損害

・核燃料物質等の放射性・爆発性等による損害

・その他三井住友海上火災保険株式会社の団体生活総合保険の保険金を支払わない場合に該当する場合

Tello(テロー)無償付帯賠償責任保険(団体生活総合保険)
補償の対象者
個人ホビー用(法人、個人事業主の方は登録できません)
対象となる製品
今回ご購入いただいた対象製品のみ(複数台ご購入の場合は全機種を登録ください。)
支払限度額
1事故につき1,000万円まで(対人・対物合算)+自転車搭乗中死亡・後遺障害保険金100万円
免責金額
なし
主な補償の種類

・損害賠償金【示談代行サービス付】

・傷害死亡

・後遺障害保険金   等

補償対象外の主な場合
(下記、限定プランで保険金をお支払いしない主な場合をご参照ください)
補償期間

登録手続日(※)の翌日午前0時から1年間

※登録に不備があった場合は、お電話等で確認が完了した日

補償事例

・操作ミスにより機体が落下し、通行人を負傷させてしまった

・着地操作を誤り機体が駐車していた車に接触し、破損させてしまった 等

Tello(テロー)無償付帯賠償責任保険で保険金をお支払いしない主な場合

※Tello(テロー)無償付帯賠償責任保険で保険金をお支払いしない主な場合

・被保険者の故意による損害

・被保険者の業務遂行に直接起因する損害賠償責任(仕事上の損害賠償責任)

・他人から借りたり預かったりした物を壊したことによる損害賠償責任

・被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任

・被保険者の使用人(家事使用人を除きます。)が業務従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任

・第三者との損害賠償に関する約定によって加重された損害賠償責任

・心神喪失に起因する損害賠償責任

・被保険者または被保険者の指図による暴行、殴打による損害賠償責任

・自動車等の車両(ゴルフ場敷地内におけるゴルフカートを除きます)、船舶、航空機、銃器、業務のために使用する動産または不動産の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任

・戦争、その他の変乱、暴動による損害

・地震もしくは噴火またはこれらを原因とする津波による損害

・核燃料物質等の放射性・爆発性等による損害

・その他三井住友海上火災保険株式会社の団体生活総合保険の保険金を支払わない場合に該当する場合