AEROENTRYR

News Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家をシェアして家賃を節約する「unito(ユニット)」専用保険の自動付帯開始

  • 公開日:2020-12-17 15:00:24

エアロエントリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:松本篤史、以下当社)は、2020年12月10日より、家をシェアして家賃を節約する、リレントを採用した新しい家「unito(ユニット)」の開発・運営を行う、株式会社Unito(本社:東京都千代田区、代表取締役:近藤佑太朗)に、三井住友海上の専用保険を自動付帯開始しましたので、お知らせ致します。

リレントを採用した新しい家「unito(ユニット)」とは

「unito(ユニット)」とは、「敷金・礼金ゼロ、更新料ゼロ、退去費用ゼロ。帰らない日分家賃が下がるお部屋。」として、「家賃で諦めずに、理想の場所へ住もう。」を提案する、まさに「新しい家」のカタチ。

例えば、これまで家賃が高くて住むのを諦めていた場所でも、unitoなら、帰省や旅行など外泊によって、居住者が家に帰らない日に宿泊者にお部屋を貸すことで、家賃を下げることができる仕組みです。

unito公式サイト より。

unitoは、日本初の技術 特許出願済みであり、補償制度や申請システムの自社開発などにより、プライバシー保護や高い安全性を実現しています。

3億円まで補償!unito専用保険

unitoを利用される方が、より安心して快適な暮らしが実現できるよう、2020年12月10日より自動付帯されることになったのが、unito専用保険。

unitoのお部屋の設備を破損してしまったり、相手を怪我させてしまった場合に最大3億円の補償が受けられます。

2020年2月の「unito(ユニット)」ローンチ以来、2020年11月度には、累計宿泊数が17,000泊を突破し、累計流通総額が1億円を突破するなど、多くの方が「unito(ユニット)」により「新しい暮らし」への扉を開くきっかけとなりました。

住みたい場所にすんなりと住めているだろうか?面倒な契約手続き、多額の初期費用を支払っていないだろうか?ひとりひとりに最適化された暮らし方を実現していくunitoは、「日本サブスクリプションビジネス大賞2020」を受賞し、暮らしを追求したビジネスとしても注目されています。

エアロエントリーでは、保険という立場で、この素晴らしいサービスの普及をサポートしてまいります。

unito正式版リリースのプレスリリース

当社では、このように保険を活用した販促支援をすることによって、より多くの人たちへすばらしい製品やサービスを普及させるためのサポートを行っております。いままでになかった保険の開発や、既存の製品やサービスに、保険という付加価値をつけることによる新たなプロモーション展開等、ぜひお気軽にお問合せください。

※このホームページは保険の特徴を説明したものです。詳細は「DJI賠償責任保険」「DJI機体保険」「団体生活総合保険」のパンフレットおよび重要事項説明書をご覧ください。

承認番号B19-101762 使用期限 2021年1月10日